運動神経の土台をつくる体軸スクール(ワークショップ)

運動神経の土台をつくる
体軸スクール(ワークショップ)

 

プログラムの概要(ねらい)

「体軸」とは、身体の中心を上下に貫く軸のことであり、体軸が整うことで身体を思い通りに動かす能力が向上し、運動能力が伸びやすくなります。様々な運動ワーク(課題)を通して、身体を上手に扱うための仕組みを学び、運動神経とは何か、運動能力を高めることのできる体操・運動プログラムを体験。体軸をつくることで、怪我しないしなやかな身体づくり、正しい姿勢づくりの方法を楽しく体験を通して学んでいきます

 

プログラムの進行(進め方)

講師自己紹介(5分)
身体が動く仕組みについて学ぼう(10分)
身体能力をチェックしよう(30分)
〜休憩〜
身体バランスを整える体軸体操をやろう!(30分)
身体の変化を体感しよう(10分)
振り返り(5分)

*身体能力チェックは4項目実施
(バランス能力・足の敏性・手の支持操作性・体幹保持能力)
*体軸体操とは、身体の筋肉バランスを整えて、正しい身体の使い方が身につく体操プログラムです。

 

プログラム実施の所要時間

90分(2コマ)

 

 

 

遊ぶように
正しい身体の使い方を学ぶ

近年、子どもたちの身体能力の低下が叫ばれています。その背景にはスマホや家庭内ゲーム機の普及などによって、子どもたちの身体を動かす運動の機会が少なくなってきたことなどが挙げられます。同時に自分の身体への関心、もっと深く洞察すれば自分自身への関心が薄れてしまっています。そんな自分の身体への意識を呼び戻し、本来あるべき子ども達の持つ身体の可能性を引き出すワークショップにご期待ください。

 

 

 

お子さんの姿勢は大丈夫?

 
お子さんは、以下の姿勢のうちどの姿勢に当てはまるでしょうか?姿勢によっては将来運動だけでなく、勉強にまで悪い影響が出ると言われています。発達に応じて子ども自身が自分で矯正できるよう、早い段階から正しい身体の使い方を学ぶことが重要です。

 

▲体幹が安定しあらゆる動作の基準となる理想的なS字型の姿勢
▲頭が前に出て、背中が丸まっている猫背姿勢。運動で疲れやすく腰痛を起こしやすい。
▲背中が丸まりお腹が前に出ている。ジャンプ・走るなどの瞬発的な運動ではパフォーマンスが出ない

 

 

 

 

ワークショップでは
こんな事をしています

 

workshop

●ワークショップの内容

▲①まずは運動能力や今の身体の状態をチェック!
②子どもの身体の発達運動学に基づいた、身体への意識を高める体操を行います。ママやパパ達と一緒に楽しみながらやろう!
▲③走る・跳ぶ・投げるといった基本的な動きの元になる身体づかいのコツや、小学生のうちに身につけておきたい10の動きのコツなどをレクチャーします 

 


子ども身体づくりワークショップの模様を「無料」で公開!

「具体的にどんなことをしているの?」とのご質問をたくさんいただいておりますので、この度思い切ってワークショップ全編を撮影した動画のうち前編を公開しました。ぜひご参考ください。

 

 

 

活動風景

 
※クリックで拡大

 

 

 

子どもたちの声

 

※クリックで拡大

 

 

ワークショップ最新情報

ワークショップの開催情報は、Facebookページより発信しております。

 

 

身体を動かすのってたのしい!
全国飛び回っています!

ワークショップに参加された子達が、自分の身体が持つ可能性に触れ前向きな人生へと変わるきっかけになって頂けたらこんなに嬉しいことはありません。 ワークショップ開催希望の方は、お問い合わせフォームよりご相談ください。

 

 

やまちゃんクラファンに挑戦!